お金

話題になっているシェアハウスの経営方法を大公開!注目の投資物件

新世代の賃貸住宅について

男の人

人気急上昇中の物件

記録的な低金利が続くわが国にあって、利回りの良さから人気を呼んでいるのが不動産投資、中でも賃貸経営です。ただ、その一方で、本格的な人口減社会の到来を迎えていることから、賃貸住宅の経営環境は決して楽ではないというのも事実です。他の物件にはないさまざまな工夫によって差別化を図ることで、入居者を安定的に確保することができます。そんな中、注目を集めているのがシェアハウスという経営形態です。欧米などでは以前からポピュラーな居住スタイルとして定着していましたが、わが国では2000年代あたりから急速に普及するようになりました。特に最近ではシェアハウスを舞台としてテレビドラマも製作されるなどして、注目度はさらに高まっています。

若者の生活スタイルに適合

シェアハウスは集合住宅と共同住宅との中間的な性格を持つ住居です。入居者1人1人の居室は個室形式となっていますが、キッチンや浴室、リビングルームなどは入居者全員で共用します。いわば学生寮のようなスタイルで見知らぬ者同士が共同生活を営むことになるわけです。シェアハウスは、ルームシェアの発展した形だとも言えます。ルームシェアの場合は家賃の節約を目的として入居者側が自発的に共同生活を行いますが、シェアハウスの場合は経営者側があらかじめそうした生活スタイルにふさわしい物件を整備・提供します。シェアハウスは、若い人を中心に人気があります。その理由は、1つには物珍しさもありますが、インターネットのコミュニケーションのように「人とゆるくつながる」生活スタイルが現代の若者気質に合っているからだと考えられています。もちろん経済的なメリットも見逃すことができません。

安全な賃貸経営のヒント

ウーマン

家賃債務保証制度は、賃貸住宅の経営者が家賃債権を安全に確保するためのシステムです。連帯保証人を立てるのが困難な事情にある入居者に対し、専門の保証会社と契約を結ばせることによって債務保証を担保します。滞納等があった場合はその保証会社に対して代理弁済を請求することができます。

もっと読む

高利回りを実現するために

女の人

マンション投資では平均すると5から10パーセントの利回りが付き、長期に安定して収益を上げることが出来ます。また現在は長く低金利が続いておりローンを組んでもかなり金利を抑えられるのも利点になっています。

もっと読む

家賃収入で生計を立てる

男性

賃貸マンションの大家にはやることがたくさんあります。貸主自身が大家業をやるのはもちろんオーケーですが、時間や距離などの理由で自分で大家業をすることが難しい場合は、賃貸管理業者を利用することができます。賃貸管理業者の利用料金の相場は、家賃の3〜5%程度です。

もっと読む

Copyright © 2016 話題になっているシェアハウスの経営方法を大公開!注目の投資物件 All Rights Reserved.